Skip to content

お歳暮を贈る時にルールとして抑えておくべき事

お歳暮というのは、日頃お世話になっている親戚や知人に、感謝の気持ちを込めて贈り物をする事です。感謝を表すための贈り物なので、誰に贈っても喜ばれる物だと気楽に考える人も少なくありません。ですが贈っては拙い相手や、逆に迷惑となる相手もいるので、その点には注意すべきです。お歳暮を贈る際に注意すべきなのが、相手が公務員であるケースだったりします。

特に国家公務員の場合は、利害関係のある相手から物品や金銭を受け取ってはいけない事が、国家公務員倫理法により定められており、注意が必要です。なので仕事でお世話になったお礼として贈った場合、賄賂とみなされ、贈った相手が減俸や懲戒免職処分になる恐れがあります。ただし国家公務員が相手でも、友人や親戚といった利害関係がない間柄ならば、贈っても問題はないです。地方公務員の場合は、国家公務員の様に法律で禁止されてはいません。

ですが倫理規定により、同じく利害関係のある相手から、金品を受け取らない様に規定されています。学校の先生等、子供がお世話になっているからといって、お歳暮を贈るのは問題になる恐れがあるので、やはり避けるべきです。会社員ならば、お歳暮を贈っても問題ないかと言うと、そう単純ではありません。最近では、社員同士で贈り合う事を禁止している会社も、存在しています。

お歳暮に何を贈ったかが、出世や異動を決定する際に、影響を及ぼす事が懸念されるためです。なので予め社内で贈り合う事を禁止する事で、人事への影響を回避する事が出来ます。お歳暮のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です